<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
title_pict 「うちのメンバー」が大好きで困っています。

本日6月4日は、顕嵐ちゃんの出演している「魔女の宅急便」の
東京公演千穐楽でしたね〜(*´▽`*)
4日間6公演と短い期間ではあったけど
この数日、ツイを覗けばいつも、あったかくて優しい感想が溢れかえってたなあ。


可愛らしいパン屋さんの店先に赤いリボンのキキがいてしましまのトンボがいて
歌って踊って空を飛んで、、、ほんっとに素敵な空間なんだろうなー、、って
想像するのも楽しくって、すっかり幸せのおすそ分けをいただいた気分。
わたし的にも大好きなジャンル、大好きな題材だったし
仮に顕嵐ちゃんがいなかったとしてもぜひぜひ一度は見てみたかったけど
今回はご縁がなくて残念でした。


カンパニーの皆さん、ほんとうにお疲れさまでした!
そして、大阪でもどうか素敵な公演を〜( *´艸`)

 

さてさて、今回、連日の「魔女の宅急便」のレポ待ちをしているあいだに
しみじみ思ったことがありまして、、、。
それはなにかというと

>わたしはすっかりLove-tune担なんだなあ〜

ってこと。


なんかね、顕嵐ちゃんのがんばりがたくさんの方たちの目に留まって
たくさんの方たちに喜んでもらって褒めていただいて
そういうのを目にするたびに、なんか誇らしいというかくすぐったいというか、、。

 

いやなに、わたし顕嵐ちゃん担でもなんでもないのに、なんでしょこの気持ち!!!
ほんとあつかましいって怒られるかもしれないけど
気づけばすっかり、「うちの顕嵐ちゃん」的な気持ちで見ている自分がいて( *´艸`)
そう、Love-tuneにとって大事な大事な「うちの顕嵐ちゃん」だなーって。

 

わたしね、思えばずーーーーーっと安井くんのこと好きなんだけど
今までずーーーーーーっと安井くんのことだけが大事だったんですよね。
安井くんがいれば、それでいいっていうか
シンメとかラインとかに、こだわってこなかったんです。
いやいや正しく言うならば、怖くてこだわれなかったの、ずっと。


もちろん安井くんがここまで来るには、たーくさんのお仲間がいたけれど
何度も何度も小さな集合体を組んでは解体して、、、の繰り返し。
それが、入所から実に8年?9年?続いてきたわけです。
安井くんの周辺は、例えて言うならアメーバのようにいつもちょっとずつ形を変えてて
不安定で不確定でどこか儚い繋がりだなーっていつも思っていました。


途中、なかなかに人気のシンメ関係が生まれたこともあったけど
それはシンメと言うよりは、まるで「光と影」みたいな関係のまま立ち消えたし
(お相手の子のことは、これはこれでかなり好きなんですよ)
これまたなかなかに人気な組み合わせに恵まれたけど(←わたしも大好きだった!)
こちらもついにお名前すら頂戴できず、、、謎は謎のまま(苦笑)
結局、どんな集合体も、形として残ることはありませんでした。


ね?結局、別れちゃうんだもの。
安井くんのお隣で踊る子にうっかり親近感など抱いてしまったら
絶対につらい思いをしないといけなくなる、、、。
いつからかわたしはそんな風に身構えてしまって
気持ちにバリアを張り、誰かに必要以上の期待はしないようになっていました。
そして、それはやっぱり、ちょっとさみしいかなって思っていたよ。

 

そんな年月を経ての、晴れてのLove-tuneの誕生ですもの〜( *´艸`)
>え、いいの???
>好きになってもいいの???
>ずっと安井くんと一緒にいてくれるの???
2016年のドリボ、帝劇の客席からCALLで弾けまくるメンバーを見ながら
ほんとに毎回毎回、そんな言葉を反芻してたなあ〜( *´艸`)


そこから今日まで、メンバーのいろーんな表情を見てくるにつけ
ほんとにもうどの子も好きになってくしかなくて、、、(ノД`)・゜・。
気持ちが解き放たれた分、加速度的に好きが増していきました。


安井くん、よく「うちのメンバーの、、、」って言うでしょ?
もう、あれがうれしくてうれしくてうれしくて
どうしてくれようかってくらいにうれしいんです、わたし!!!!
今でも!!!!
何回聞いても!!!!
あああ、グループなんだなって心から実感できるの!!!
(安井くんも絶対にうれしいハズ〜)
(「うちのメンバーの、、、」って言う時、絶対ちょっとドヤッてるし!)


そんな「うちのメンバー」の、外部での個人仕事。
真田くんの「ダニーボーイズ」の時も、モロちゃんの「クロスハート」の時も
わたしはすっっっごいうれしくて仕方なかったです。
でも、真田くんもモロちゃんも、らぶ結成以前から身近にいてくれるJr.だったから
もともと仲間意識みたいなのもあり、それでうれしいのかな、、、って思ってたの。

 

でも、今回の顕嵐ちゃんの活躍でよーーーくわかった!!!!
これってメンバーっていう特別な存在だからなんだね( *´艸`)
真田くんも「うちの真田」だから余計にうれしかったし
モロちゃんも「うちのモロちゃん」だからいっそう誇らしかったんだ!!!!
「うちの顕嵐ちゃん」なんて、世界一カッコいいでしょって叫びたいし!!!
この人たち、みんなLove-tuneってグループのメンバーなんですよーって
世界中におっきな声で言って周りたい気持ちなの〜( *´艸`)

 

わたし、もう歯止めが効かないです。
Love-tuneのこと、どんどん好きになってる。
もうLove-tune中毒かもしれない。
去年のクリエで初めて7人並んだのを見たときからひと目で大好きだったけど
今、ほんとにひとりひとりのウエイトが大きくなりすぎて困るくらい好き!!!


ずっとずっと待っていた「うちのメンバー」がほんとに全員素敵すぎて
ずっとずっと待っててよかったーーーーって、心から思うよ(*´▽`*)
そして、、、安井くんも大事なメンバーのひとりとして
ほかのらぶ担さんからうんと愛されるといいなあ。
「うちの安井くん」として、どうか愛してあげてください!!!

そしてLove-tuneには
誰が欠けても困るって、誰もが思うような、、、そんな関係になって欲しいです。


いやもう、既になってるけど。
もっと、どんどんね(*´▽`*)

 

 

Posted by ブルームーン at 01:15 | - | comments(0)
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://sugarspice.jugem.jp/trackback/1839
トラックバック


Recent Entries

Categories

Archives

Links

Profile