<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
title_pict ツアーお疲れさまでした!
HI3H0315.jpg
JUMP冬コン、オーラスも無事に終了しました。

ラスト、トリプルアンコでロミジュリあり。
圭人が曲名を叫ぶこのお約束の流れも、ほんとに楽しくて(*^_^*)

ゆーやは今日も、可愛くてカッコよくて
ご機嫌で楽しそうだった!


今回、グッズのビジュがあまりによいので
ついついウチワを追加購入(笑)
おかかおにぎりと一緒にビールで乾杯!
(…と思って写メったら
なんかお供えしてるみたいになってますが・笑)

同行の薮担との旅もとんだ珍道中でして
朝からずっと笑いっぱなしなんだけど
このまま笑いっぱなしで東京駅まで突っ走りたいと思いまーす。
Posted by ブルームーン at 20:05 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(3)
title_pict 3日目、行ってきまするー。
すみません、またまたお出かけ前のエントリーになっちゃいました。

ゆうべは、JUMP大阪に行こう!って気持ちが決まったものだから
チケットの話でバタバタしてしまいましたー。
大阪に行こう!って決めたのはよいのですが
実は1部のチケットは、いまだ手元にない状態なんでけども^^;

あ。
もしも、7日大阪1部のチケを2枚譲っていただける方がありましたら
お声かけていただけるとうれしいです!!!
(ただ、こちらはかなりの大人2名なんで、立ち見は足腰が耐えられませんのでごめんなさい・笑)


さてさて、昨日のゆーやさんについて、ちょこっと。

髪の毛がね、すごく可愛かったです(*^_^*)
前髪がいい感じでおりてました。
初日は、前髪をぱっくり分けていて、薮担に言わせると「ホスト風」だと。
しろさきじんに似てるね〜なんてお言葉、何年ぶりに聞いたことでしょう^^;
まあ、そんなオラオラな感じも嫌いじゃないけど(あたしにNOはないらしい)
やっぱりゆーやは、前髪が降りてて、ゆるふわウェーブのかかった揺れる髪が一番似合うよね。

昨日は、全体的に長いわけではないので、ゆるふわって感じでもないけど
でも、やっぱり前髪が降りていたおかげで(?)笑顔もなんとなくあどけない雰囲気に見えたりして^^
ほっそりしたカラダに、よく似合ってました(*^_^*)



ステージの上で、いかにもゆーやさん的だった出来事は・・・。


・カラフルマジックのとき、ダンスしないで地味に「キツネ」の影絵をやっていた。
本人は面白いと思ってるんだろうけど、ヒジョーに伝わりづらいです・・・(爆)


・OVERのとき、なぜだかひとりだけ赤いジャケットを着てない人がいて
何事???って思ってよく見たら、見事にゆーやだった。
なんでゆーやだけ、こういうことが起こるんだろう^^;
踊りながら器用にステージ下からジャケットを受け取り、
これまた踊りながら器用にジャケットに袖を通し、すかさずポーズ。
出来ない人なんだか出来る人なんだか、よくわからない(笑)


・アンコで外周まわる時、カラフルマジックで使った「ダイスキ」のプレートの中から
ごそごそと「ダ」「イ」「キ」だけを取り出し
さらにごそごそとその3文字をズボンのお腹のところに差し込み
ご丁寧にジャケットで一生懸命に隠しながら、
外周ですれ違う人に、いちいち「ねえねえ、これ見てー」って感じで見せつつ
いのちゃん(だったよね?)と一緒に満面の笑みで大ちゃんに近づく。

大ちゃんの肩をトントンと叩いて、ほらー!みたいに得意げなゆーやさん。
大ちゃん、笑ってたみたいで(こちらからは顔が見えなかった)
それに気が付いてくれたカメラさんに向かって、うれしそうな顔して一緒にポーズ^^
おばかな子たちー(*^_^*)



うーん、もっといろいろ可愛かったんだけど、パパッと思い出せないー。
もう、出かけないと〜@@
本日は横アリラスト、ちからいっぱい楽しんでこようと思います(*^_^*)
ごめんね、レポは3日間の内容をまとめて書きますー。




Posted by ブルームーン at 10:16 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(1)
title_pict 愛すべきひと
………寝てもた〜(>_<)


えーん。
ゆーやのレポ待っててくださった方ごめんなさい。

ホテルのベッドがすごくいい感じで、ちょっと横になってみるつもりが
あっというまにずるずるずる…と眠りノ森に引き込まれてしまいました^^;


昨日のゆーやは、ほんとにかっこよかったです。
誰が見てもわかるくらい引き締まってて
もうあたしが幻覚見たんじゃないかなんて言わせない(笑)

セトリ的にも大満足で怒涛の名曲ラッシュ!!!
ダサめがねで歌い踊るダサBEST@スクールデイズとか
もう涙モノのステージが用意されてて
(実際にこの曲で号泣したあたしです)
(なぜこのタイミングで?と、隣の薮担がどん引きだった件・笑)
ほんとにほんとに幸せな空間でした。


で、かっこいいかっこいいと絶賛してたら
最後にはちゃーんとゆーやらしいお間抜けエピソードも残してくれたりして(笑)
(アンコのアイシテルで、ぼんやりしてみたり)
(やまちゃん持ち上げるの忘れてみたり)
やっぱりゆーやは、愛すべきひとです(はあと)


では、これからまた、愛すべきゆーやに会いに行ってきまーす。
Posted by ブルームーン at 11:42 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(1)
title_pict 大学入学とアジア進出とマザコンと。
新横浜の夜更けです。
いつもなら泊まることはない横アリの近くで
こうやってコンレポ書いてるのも、なんだか不思議な気分。

とりま、いけるところまでレポ書こうと思います^^


まずは、順番違いますが
途中の公開記者会見の内容、ざっとかいつまんで書いておきます。
ゆーやもいじってもらったので、そこもしっかり残しますね^^


で、この会見の模様が、当然ながら明日にはテレビで流れると思うんですが
うまくすれば、ゆーやのところも使っていただけるやも知れず。
「平成男子はマザコン!?」みたいなタイトルで、どっかの局が流してくれますように(祈)
続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 02:17 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(0)
title_pict お疲れさま、そして日常へ。
遅ればせながら、横アリ3デイズも無事終了し
JUMPの皆さんも、全国から集ったヲタクの皆さんも
本当にお疲れさまでした^^

あたしは3日と5日両部の、計3公演の参戦でしたが
思いもよらぬ大阪との中継とかゲストに玉ちゃんとか、
最終日にはシングルの発表にサマリーのお話・・・。
うれしいサプライズがいっぱい待っててくれて、もうお腹いっぱいー。
ほーんと楽しかった。


初日のご報告で書いた中継もファイヤービートもOverも
結局3日間ずっとやってくれて、心からありがとうっ!!!!
あたしが、是非にも見て欲しい!と思ってたお友達の皆さんも
ちゃんと見ることができたようで、ほんとよかった。
ね?ね?ゆーや、すっごくよかったでしょ???笑
でもね、最初に見た初日より、
実はちょっとセクシーじゃなくなってたのが残念と言えば残念・・・。
なんか、健康的になってた、ヘドバンも「疲れてんだよ」も(笑)


ファイヤービートのヘドバンはね、
最終日はみんな超笑顔でわちゃわちゃ固まって、ノリノリで頭回してて、
ワイルドとかセクシーっていうよりも、とにかく楽しそうでした^^;
初日はずっと立ったままで一曲終わっていたのが
最終日は、藤ヶ谷さんや北山さんみたいにサビでひざまずいてた。
・・・のはいいんだけども、
玉ちゃんを筆頭に、全員がちっともセクシーじゃないっていうね(爆)
明らかにたいぴーと北山さんを真似してるらしい気分は伝わってくるんだけど
なんでしょうね、あれ、まるでみんなで固まって土下座してるみたいな^^;

それでも、みんなで揃ってひざまずいて、そのまま揃ってヘドバンして
全員がすんごくうれしそうな顔してるもんだから
見てるこっちも微笑ましくってどうしようもないー。
ゆーやは背が高いから後列でひざまずきつつ、思いっきり頭ぐるぐるしてた。
で、ひたすら笑顔。
かーわーいーいー(でれでれ)


それと、ファイヤービートには腰をぐいんぐいんと回すとこがあるんだけども
これ、ゆーやはやらないよねー(嘆)
お隣の山ちゃんなんかは、これでもかってくらい派手に回してたのに〜^^;

それで思い出したんだけど、昔の演舞城に出させてもらってたとき、
「ダメ音頭」の振り付けに、やっぱり腰を振るというのがあってさー。
ま、マイケルジャクソンみたいな振りなんだけど。
これまたお隣の有岡くんは面白がってぐいぐいと腰を振ってるんだけど
ゆーやはよっぽど恥ずかしいのか、ニコニコしながらほとんどやらなかったよね(笑)
今回、思わず、あの17歳のゆーやが思い浮かんじゃいました。
ゆーやって、流し眼&口を半開きにするとか、やらしい手つきとか、胸をはだけるとか
けっこうエロ路線を目指してるのかと思ってたけど
相変わらず、腰だけはNGなのか?????爆


そして「Over」のセリフ『疲れてんだよ』
最終日に聞いた感じでは、だいぶ爽やかな感じになってたなあ。
ま、これについては、明らかに初日が間違ってたんだと思いますけどねー(爆)

初日の言い方はね、ほーんとエロかったのよ。
低いトーンで、投げやりで、吐息まじりのちょっと怒ったような言い方で。
言った瞬間、会場のあちこちでざわざわとどよめきが聞こえましたもん。
いやー、まじで『疲れてんだよ』のひと言だけで
どんだけあれやこれやと妄想が広がったことか。
ちなみにあたし的には、スーツを脱いでネクタイを緩めながら
気だるそうにしてるゆーやが、ありありと思い浮かんだんですけどね^^;

それが、最終日には、疲れは疲れでも部活の疲れというか(笑)
明らかに爽やかモードにシフトされてました。
んー・・・こっちのほうが、どう考えても曲にはあってるわ^^
初日のエロモードは、脳みその中で大切に保管しておこう〜っと(*^_^*)


あとね、巷で話題の(笑)ゆーやが太ったか痩せたかっていう件なんですが
これって、どこのゆーやを基準にするかってことが大問題なんだと思うの。
あたしが思うに、今年のお正月から比べると、明らかに痩せてます。
しかーし。
ツアー初日の長野からだと、確実にカラダが厚くなってますな。
確かに長野から一ヶ月は経ってるけれども
その間、札幌と広島でコンサートをこなしつつも太ったということか???笑

でもあたし、今のゆーやのカラダ、全然嫌いじゃないよー。
男らしく堂々としてて、力強そうで、なんだか安心感があって。
ひょろんとした10代の体型から、すっかり卒業したんだなあって
見ていて頼もしい気持ちになってきます。
ゆーや自身が「厳しい手紙を貰った」となにかで言っていたように
体型維持については厳しい意見をお持ちの方もいるのはわかっています。
(体型維持はプロとして当然という考えは、もちろん正しいと思いますし!)
それでも、痩せたり太ったりを懲りずに繰り返してるゆーやって
なんだか無防備で、自然体で、すごく人間らしくて安心してしまうんですよねー。


最終日は2公演とも、アンコでロミジュリをやってくれたんだけど
ゆーやは真っ白なパンツに真っ白なTシャツで、
しかもそのTシャツのお腹まわりがちょっとピタッとしてて(笑)
それでも長ーい手足がやっぱり美しくって。
明るい色の髪の毛をふわふわさせながら、ずーっと笑顔のまま、
センステでひとり、くるくる回りながら踊ってました。

あのゆーや、可愛かったなあ。
たぶんJUMPで一番重量はあるはずなんだけど(笑)
そのまま風に乗って飛んで行けそうな、ふわふわ感がなんともいえなかった。



ゆーやについて、もっと書きたいことがいっぱいあるんだー。
5日のことは、またちゃんと書かないとだめだね。

それから、安井くんについてですけど
半年のあいだに2度も振られるなんてよっぽど縁がないのかなーって
けっこう落ち込んでたんだけど・・・。
金曜の少クラ見たら、亀ちゃんのサムサムのバックで可憐に踊る姿があって
こないだの収録のときのことをいろいろ思い出しちゃって
やっぱり好きなものは好きなんだから仕方ない!って気持ちに落ち着きました^^
少クラのことも書きたいなー。

ほんと、ブログを気の済むまで書きたい。
もしも今、魔法のランプの精が目の前に現れたら、
あたし絶対にこれを願いのひとつに入れると思うー。


↓↓↓ポチっとお待ちしています(*^_^*)

最後に、あたくしごとでなんですが
本日、ウチの娘、大学への初登校日でした。

震災の影響で入学式の中止が早々に決定して以来、ずーっと自宅待機だったの。
考えてみたら、高校も2学期の期末が終わってからずっと自宅学習だったから
約5ヶ月くらい、学校と名のつくところに通っていなかったことになる。
途中、科目登録とかサークルの見学とかで何度か大学に出かけはしたものの
ほんとに、ずーーーっとお家にいたんですよ。

もう、夜更かしと寝坊をしたい放題。
だーらだらするもんだから、ほんと鬱陶しかった!!!
いやー、学校ってありがたい!!!学校万歳!!!
入学式がなかったのは可哀想だったけど、
このまま充実した大学生活を送って欲しいわー。

そんなわけで、今日はひっっっさしぶりに
家の中にあたしひとりという環境に身を置きまして
このうえない幸せを噛みしめておりました。
明日も、コドモは2人とも学校だって〜(喜)
ようやく、日常を取り戻したような気分になれて
夜には、これまた久しぶりに1時間ほどウォーキングして来ちゃった^^
前に比べて夜道が暗くて(節電で街灯やコンビニの明かりが暗いんです;;)
あんまり速くは歩けなかったけど、でも身も心もスッキリしました。
ああ、普通に暮らすって、なんてステキなんでしょう(実感)

これからも、このなんでもなーい普通の幸せが、ずっと続いてくれますように。




Posted by ブルームーン at 01:34 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(0)
title_pict びっくりしたなあ、もう。
あ、そうそう、3日1部のボヤ騒動のお話を書いときますか^^;
まあ、楽しい話でもないんで、続きに。
続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 00:46 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(1)
title_pict 今日のゆーやはどんなかなー。
こんにちはー。
あっという間に、1月も4日になっちゃいました。
流されるまま、また慌しい毎日に突入して
あたしはお約束の、お仕事なうの更新です^^;
(新年早々すみませーん!)

さてさて、ちょっとバタバタして全然ご報告できてないんですけど
1月2日、3日と、横アリに入ってまいりました。
今年も、一番最初に体験するコンサートがJUMPである幸せ
その場所で、笑顔のゆーやに会うことができる幸せに
カラダ全体で浸ってきましたよん。


えーっと、今回の横アリは今のところ、
ステージ構成やらセトリやらに大きな変化はなくて
名古屋の最終公演を、そのまま引き継いでる感じかな。
唯一、大きく変わったのは
2日の2部から、「二人がけの場所」のあとに
マイエブが加わったことかなー。
バクステ前のリフターにて、薮さま熱唱!みたいな^^

それから、最後に10人で乗ってくる黄金の空飛ぶ円盤の
着地地点が、センステからバクステに変更になってました。
バクステで地上に降りて、そのままシングルメドレーを歌うので
横アリはバクステ方面がけっこうおいしいかもしれない件。
っていうか、やっぱり横アリは広いよね;;


で、名古屋ではすんごい高ビジュアルを誇っていたゆーやの髪型ですが
横アリでは、ちょっと伸びーの、パーマかけーのみたいな・・・(ちーん)
ちゃんとセットすればまた違うんだろうけど
若干、洗いっぱなしな感じで出てきてたんで
ちょっと、なんというか、実験に失敗した博士みたいなもしゃもしゃヘアでした。
でもね、これが遠くからでも見つけやすくて
それはそれでナイス!(←どこまでもポジティブ・爆)
しかし・・・2日2部では、それをウエットにしちゃって
おまけにアンニュイに前髪かきあげちゃったりなんかして
あれはちょっと、さすがのあたしも飾る言葉が見当たらない的な^^;
3日の2部は、ちょっとセットしてたのかな、そんなに気にならなかったけど。
今日は、どんなヘアスタイルで登場してるかなー^^


さてさて、MCのことを書きたいんですけどねえ。
実は、名古屋のMCのことも残したかったんだけど
とーにーかーくーコンに行くのと仕事に行くのでいっぱいいっぱいで
感想まとめるとこまでいかないんですよねえ(とほほー)
MC、どの回もめっちゃ面白かったんだけどねえ。

あのね、ゆーやがね、よくお話してました。
ほんと、MCのときもずーっと楽しそうにしてるの。
すっかりいじられキャラになったというのもあるけど(笑)
自分からもちょいちょい突っ込んでみたりして
思っていたよりも屈託なく、よくおしゃべりする人なんだなあって
今更ながら新しい一面を発見した気分。
いじられた時に、やめろーって野太い声(笑)を出したかと思うと
一転して女の子みたいにケラケラ笑い転げてて
ほんと、この人はいくつ引き出しを隠し持っているんだろう^^

もう周知かとは思いますが、Hey!Say!一言という企画の中で
2日には「楽しんご」をやらされたり
3日には、薮くんとペアで女の子役をやらされたり
とにかく、ノリノリでMCコーナーを楽しんでいるみたい。
次のMCでは、ゆーやは何を言うかな、何をするかなって
毎回楽しみで仕方ないの。
ゆーやのいるコンサートで、MCの時間を楽しみに待つ日が来るなんて
思いもよりませんでした。

んー、なんとかして、時間がかかっても
MCのゆーやのこと、ちょっとずつは残したいなあ。


・・・といったところで、お仕事が終わるー。
一日かかってポチポチ書いても、たいしたこと書けないもんだなあー(しゅん)
また、がんばれたらがんばるっ!!!!

ちなみに、本日4日は横浜行きません^^;
次は、5日と6日、それぞれ仕事終わりにギリで駆け込む予定です!!!



↓↓↓ポチッとお待ちしています(*^_^*)



Posted by ブルームーン at 17:47 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(0)
title_pict ありがとう〜WINTER CONCERT 2010-2011 in名古屋
こんばんはー。
今年も残すところあと一日になりましたー。

あたしは、28日と29日の仕事が忙しすぎたみたいで
仕事中からずーーーっとめまいがしてたんですけど、
さらに無理して帰りに美容院に寄ったら
見事に具合が悪くなってしまいましたー。
ロットを巻いてもらってるときの顔色が明らかにおかしかったらしく
何度も「大丈夫ですか?」と声をかけられ
挙句の果てに、時間途中なんだけどもうやめときましょうな展開に。
パーマのかかりが、すんごい中途半端だよー(涙)

で、2日間しかないお休み、今日は横になって過ごしてしまった・・・。
この2日間をあてにして、お掃除もまだまだ残っているのに
我が家はちゃんと年が越せるんだろうか・・・???


とか言いながら、ブログ更新してるから説得力ないよね(笑)
まあ、一日寝てたおかげでだいぶん元気にもなったことだし
ただ横になってるだけじゃもったいない気もするんで
名古屋のレポをあげておきたいと思います。

これね、この数日でお仕事中に
ちょっとずつちょっとずつ、ポチポチ書き足してたんですよ。
(そーいうことしてるから、仕事が溜まるんである!)
なので、部分によって文体とかテンションがまちまちなんですが
まあ、さらっと読んでくださいな。

本当は、もっとゆーやのことだけを
細かく細かく、どんだけ可愛かったかをテーマに掘り下げたいんだけど
それはまた、どうにかこうにかどっかで書きたいと思います。
ひとまず全体のことを書かないと、自分の頭の中も整理がつかないからね^^;

ではー。
名古屋の4公演、ごっちゃになっていますが
とりま流れを忘れないようにと、まとめてみましたー。
続きに入れちゃうと開きにくいみたいなんで、このまま置きますね。





>>>名古屋ガイシホール(2010.12.25〜12.26)

ステージ上部には「Hey!Say!JUMP」のロゴ(7色の電飾)
周囲には星型や球形の大きなバルーンが配されています。

ステージにB.IとJr.が現れ、JUMPメンバーの声だけが順に流れます。
ここ、初回は「冒険」とか「星を探しに行こう」とかのワードがあって
かなりスペースアドベンチャーなテイストだったのですが
2公演目からはそういう気配はなくなっちゃってました(笑)

〜OPメドレー〜
◆Ultra music power
JUMP登場は、センステから。
色とりどりの布が天上からふわーっと落とされ、
気づけば魔法のように10人が現れる・・・という仕掛けなんだけど
これ、スタンドからだと、ステージに人数分の穴があいてて
そこから見事な速さで這い出てくるメンバーがよく見えます(笑)
一度だけセンステの間近で見ることができたんだけど、
10人が本当に魔法のように忽然とそこに立ってて驚いた!

ここで着ているのが、膝に紺色のサポーターを巻いてウエストを絞った白い衣装。
PVでも着てるヤツ?(でも、PVみたいに半袖の子はいなかった気がする・・・・)
早くもここで、上空からふわりふわりとハートが舞ってきて
メンバーは一斉に外周に散ります。


◆Dreams Come True
◆Your Seed
◆真夜中のシャドーボーイ
この3曲はそれぞれフルではなくて、抜粋のメドレー。
シングル曲をじゃんじゃん聞けて、一気にテンションがあがる!!!

ゆーやは客席のあちこちを見上げながら
両手をちぎれそうなくらいにいっぱい振ってて、すごーく元気な感じ。
笑顔も全開で、まぶしいくらい^^
そのまま、メインステへ。


◆ありがとう〜世界のどこにいても
メインステにて。
ほの暗く青みがかった照明の中で見るイントロのダンスは、
PVの世界観そのまま。
歌いだし、低音でウォーッと吠えるような声とともに
10人が一斉に正面を向くところは、ぞくっとするほどカッコよかった。
途中、ステージに炎の特効がばんばん施されて、ヒジョーに豪華。

4公演、どこから見ても惚れ惚れする眺めだったけど
初回に入ったスタンドKブロの席が、ゆーやの立ち位置のちょうど真横で
一曲まるごと遮るものなくゆーやのことが見れて、サイコーでした。
ウエストをキュッとマークした衣装は足長効果バツグンで
そのうえ膝に巻いたサポーターがゆーやの膝下の長さを強調してて
もう、ため息しか出てこないスタイルのよさ。
盲目なあたしは、上半身の衣装がちょっとキツそうなことすら
「胸板が厚い」なんて表現にすり替えてしまうていたらく(笑)


◆瞳のスクリーン
曲の前半、バックスクリーンに10人のショットが写しだされるんだけど
これが全員、上半身ハダカでございますの^^
(先日の東西歌合戦でJr.紹介に使ってたのとおんなじ感じ)
ゆーやは右手を左肩に乗せて、顔はキリッと正面向いてるポーズ。
いやもう、鼻血に注意、ですよここ(笑)

曲途中でメインステから、センステに移動。
センステにて、メンバー紹介しつつのアクセントダンスあり。
ゆーやと裕翔でちいを腕に乗せて、ぽーんと飛ばしてた。
3公演目までのメンバー紹介は
無機質な男性の声(サンダーバード風←古いけどわかる?笑)で
メンバーもナンバリングされてて、宇宙船の乗組員な雰囲気だったんだけど
4公演目では趣向がばっさり変わったようで、アリがメンバー紹介してました。
NO.10のとき、センターで踊るアリがすごくカッコよかった!!!
ちなみにゆーやは、NO.8だった。


◆To The Top
JUMPバンド(センターに裕翔・いのちゃん・圭人、左右外周に薮・ヒカル)
残り5人も外周に散らばってます。
このとき、ゆーやの立ち位置はPブロ前、だったかな。

曲終わり、メインステに戻る。
と、同時に、なんだ?この音!墜落する!みたいな流れになりまして
どっかの星に不時着しました的な設定で話が進んでいきます。
(が、この設定は回を追うごとに希薄になり、4公演目では遂に消えましたー)


ここで、アリがびーあいをいじりつつ、びーあい自己紹介。
甘い言葉を言わされる風磨、赤ちゃん言葉の北斗に
あれ・・・高知先生はなんだっけ・・・あ、戦場カメラマン風の挨拶だった!
(もう、びーあいが可愛いのなんの。そして健人の不在が残念すぎる!)

びーあいとJr.はロボットという設定で
アリが中心になって、乗組員とロボットで宇宙船を修理する。
その中に、いろいろと見せ場が用意されてまして
薮・いのちゃん・ちいはダンスしつつ手すりを溶接(ほんとに火花が散ってた!)
裕翔はタップダンス(樹のラップ)
ゆーやと圭人、ヒカルはロープ(ダブルダッチに挑戦するもうまくいかず)
龍ちゃんはデッキブラシでダンス(その後、慎ちゃんとタンゴを踊る)
山ちゃんは「ダンスってのはこうやるんだ」とか言いつつ、カッコよく踊る。

このときの衣装が、黒パンツに白シャツ、
そして赤くて細いタイ(蝶タイをほどいたような感じ)
これを着たゆーやが、超絶にカッコいい!!!

さらに10人が揃ってからは、7vsBESTでダンス対決?みたいな。
BESTがアリのことをぶら下げて、ひょいって飛ばすのにはビックリ。
あれ、簡単そうに見えるけど、自分だったら絶対にできないよー!!!

・・・と、なかなか楽しいひとときだったんですが
4公演目では、不時着の設定〜びーあいの紹介以降、ばっさりカット。
故に、ここのカッコいい衣装も、ばっさりカット。
ステージをこなしつつ、常に試行錯誤しているんだなあと痛感します。


◆Time
メインステにて。
久々にゆーやに「僕はもう、出て行くから」と言われ、せつなくなる〜(笑)

このあたりで、セットの透明なチューブやカプセルを使って
メンバーがステージの上で現れたり消えたり、神出鬼没に。
これも、初回から毎回ちょっとずつ違っていたような・・・。

最終的にBESTだけがステージに残る。
宇宙の誕生を知っている?とか、ビッグバンとか、そんな話に。
バックスクリーンが真っ暗なのを指して「ブラックホールだ!」
ブラックホールを怖がるアリに向かって
「吸い込まれるのは身長170cm以下の人だけだから!」というヒカルが笑える。
しかしながら、このくだりも4公演目にはなくなってました・・・。

ステージ上段に移動したBESTは、
暗がりの中で蛍光のライトセイバーを使ったパフォーマンス。
ヒカルは、蛍光イエローのマスクを用いて摩訶不思議な雰囲気を作り出す。
黒い上下に黒い目だし帽を被ったJr.くんたちが、
BESTメンバーを持ち上げたり、ヒカルとともにダンスしたり大活躍。

◆Get
ステージは暗いまま、この曲が始まる。
赤い衣装で現れてカッコいいのなんの!
「オペラ座の怪人」風のマスクをつけてのパフォーマンス。

◆ワンダーランドトレイン
センステへ移動。

◆二人掛けの場所
曲が始まる前に、客席にベンチが設置されます。
メンバーのソロ部分に合わせて、
ひとりずつライトを浴びて客席やステージに登場。
BESTの衣装は、シルバーのロンジャケにシルバーのパンツ。
ゆーやはスタンドHブロの中ほどに、足を組んで座ってました。
パートは♪僕らのすべてだった・・・のところ。

で、先般の宇宙船の修理というのがここらで終わったらしく(笑)
じゃあ、BESTも遊んじゃっていい?ということになり、BESTコーナーへ。
(この流れも、やがてカットへ)

◆スクールデイズ
BESTの5人が、外周で客席に向けてCLAP!CLAP!
ゆーやの立ち位置は、Bブロ前くらい?
このとき、笑顔で手を叩くゆーやが楽しそうでどんだけ可愛かったか!

歌は♪激しいジェラシー苦しい恋しい・・・のとこから。
ダサ制服に丸メガネが懐かしい!!!

◆Swith
久しぶりに聞きましたな、これ。
歌いながらバクステに集まり、5人で大きなスイッチを押す、と・・・。
センステに煙がもくもくあがって、大きなダンボール砲が4つ現れる。

◆スパイシー
センステから四方に向けて設置されたダンボール砲を
歌いながら楽しそうにポンポンと叩いて発射するBESTメンバー。
スタンドから見てると、まあるい煙の輪っかがとてもキレイに飛んでました。
センステの近くの席にいる人、ウチワで輪っかを消してはダメですよー(笑)

ここで、ステージに7を出そう、みたいな提案があり。
でも7とは別れてしまったし、どうしよう的な話し合い。
俺、大学生でIQ高いからさ!とビッグマウスな(笑)いのちゃんの発案により
「7の作り方」なるものが、スクリーン上で説明される。
曰く、お鍋に7のウチワを入れて煮込んで待ってると、7が作れます、と。

で、早速、おのおのが7のウチワを持って
本人らしいセリフをひとことずつ言いながら、お鍋の中にウチワを投入。
(お鍋が実際に出てきたのは2日目から)
ヒカル→山ちゃん(僕は冥王星の、正当な後継者だ!)
いのちゃん→圭人(僕は冥王星の、ギタリストだ!)
アリ→ちい(僕は冥王星の、大野くんだ!)
薮くん→裕翔(僕は冥王星の、馬刺し好きだ!)
ゆーや→森本くん(僕は冥王星の、野球好き!)

・・・なのですが、ここでゆーやが持っているのは、
実は森本くんは森本くんでも、弟のしんたろちゃんのウチワ。
ゆーやは、客席に「いいですかー、この子のウチワ、入れちゃいますよー」とか
わざとらしく確認するんだけど、いまひとつ客席からスルーされている件(笑)
本当は、客席から「えーー」とかいう反応を期待してたんじゃないかと思うんだが。

で、全員をお鍋に入れたものの、煙が出るばっかりで7は現れない。
だって、ゆーやが間違ったウチワを入れたから・・・みたいなオチ。
「ちゃんと聞いたじゃんー」みたいに情けない顔してるゆーやが可愛い!!!

するとステージ上には、7ではなくて、
謎の巨人が2体(赤い人と、緑の人)出現。
これは空気で膨らむものなんだけど、とにかくアクシデント続出で
初回は緑の人が膨らまず、2公演目は赤い人が膨らまず。
それをなんとかして膨らませようと躍起になってがんばるJr.くんたちが
どうにも健気で、ついつい笑ってしまう場面でした。

◆すまいるそんぐ
ステージでJr.くんたちが巨人と格闘している頃、スタンドに7のトロッコ出現。
巨人の足元では、Jr.くんたたいが巨人同士を戦わせようとして逆に跳ね返されて
すってんすってん転びまくっていましたー。

(◆INFINITY)
4公演目から、この曲とともにアリーナトロッコ出現。
ゆーやはアリーナD下手側ブロックから出発してB上手側に移動。
ここで着てる衣装が、ジャージの上下なんだけどすっごく可愛い。
白地にパステルカラーで、各国の「ありがとう」がプリントされてるの。
7とBESTで、ビミョーに色合いが違う、凝ったデザインです。

◆スクール革命
BESTもスタンドトロッコに。
ゆーやはスタンドPブロから、スタンド内を歩いてトロッコに乗ってました。
この、客席の中を歩くときって、まあ席移動する人が多くてびっくりなんだけど
ゆーやもけっこうもみくちゃにされてて、それでもずーっと笑顔を絶やしてなくて
ちょっとゆーやの心意気みたいなものを見た気がします。

〜MC〜
今回はまた、爆笑につぐ爆笑のMCだったんですけども
これは、また別に書けたら別に。

(◆ありがとうのスローバージョン)
裕翔のドラムとヒカルのベースで、横一列で椅子に座って
♪ありがとう、を歌います。
で、曲の途中で、メンバーがいろんな国の言葉で
いろんなセリフを話します。
いやほんと、いろんな言語が出てくるの、ここ。
タガログ語とか。

ゆーやは、国は忘れたが「できることは、なんでもするよ」とか
「僕はみんなに出会えて、幸せです」とか、そんなセリフでした。

んー・・・ちょっとね、お経ちっくな雰囲気になっちゃってるよね、これ。
横アリでは、なにかちょっとアレンジされてるんじゃないかなと思うんだけど。

〜Jr.コーナー〜
◆1for You
東西歌合戦でも聞いた曲。
曲調もいいし、HHJの諸星くんのきれいなダンスが一曲まるまる楽しめるので
あたしにとっては楽しみな時間。
4公演目は曲順が変わったので、なくなったのかと一瞬ガッカリしたー。

◆ビリビリダンス
これも、歌合戦で聞いた、そもそもは優馬くんの歌。
とにかく、びーあいがとことん可愛い一曲です。
とくに名古屋は健人がいなかったので、3人でがんばってました。
うっかり一人でトップの位置にいることになった風磨が
若干調子に乗ってる感が、見てて可愛いやらおもしろいやら。

風磨の「こんなビリビリじゃ、足んねぇよ」にはひっくり返ったー。

〜NYC〜
◆よく遊び、よく学べ
たった2人だけで(もちろんJr.はいるけど)会場をひとつにまとめてしまう、
山ちゃんとちいのデキっぷりには、いつもながら感動。

◆アイ☆スクリーム
センステ中央のせり上がりに、10人がゆっくりと現れる。
あれれ?みんな、なんか着てる〜?
そう、よく見ると、10人それぞれが着ぐるみを着てるんです、ここ。
最初に見たとき、どの子もあんまりに可愛くって崩れました^^;

ゆーやは背の高い緑色の人になってて(笑)
最初はクリスマスツリー?って思ったんだけど、よく見たら怪獣で
さらによく見たら、ゴジラの着ぐるみであることが判明。
これがまた、ひときわ丈の長い着ぐるみで
長身のゆーやならではの、見事な着こなし(笑)
ちなみに、他の人は
山ちゃん・ちい→サンタクロース
アリ・薮くん→トナカイ
裕翔→スノーマン
ヒカル→あれはたぶん、おサルさんなんだと思う・・・。
龍太郎→ピエロ
圭人→リーゼントのヅラを被ったツッパリというか、ヤンキーというか。
いのちゃん→カエル

ゆーやは裕翔と二人で、下手側から外周をまわるんだけど
ずーっとじゃれあってふざけてて、あのゴジラとスノーマン可愛すぎるー。
で、Bブロ前くらいで止まって、二人でペアダンス。
背中合わせになったり見つめあってみたり、はたまた愛くるしい動作があったり
ここのゆーやは絶品中の絶品な可愛らしさ!!!!
心臓わし掴みポイントですので、ご注意を。

◆脳内ダンス&STYLE
着ぐるみを脱ぐと、7は赤いベストスーツ、
BESTはブルー系のベストスーツに。
これが、キラキラしててすごーくキレイでした。

あたし的に、ここの見どころはなんといっても、脳内ダンスを踊るゆーや。
♪どっちなんだ、これは・・・で、首をくって傾けるところとか
ほんと、ありえないくらい可愛いからー。

最後の腕をぐるっと回して、隣の人とそのまま腕を絡ませてJUMPするとこは
10人バージョンで圧巻です。

◆真紅
歌いながら、メインステへ。
曲が終わり、メインステから
カプセルやチューブの中にそれぞれ消えていくメンバー。

Jr.紹介。
ひとりひとり、Hey!Say!JUMPのフラッグを掲げて
自分の名を呼ばれると、バクステからメインステまで一直線に猛ダッシュ。
よく働いたJr.のみなさん、本当にお疲れさまって思う。

ここで、やっと宇宙船が直った!というシチュエーションに。
楽しかった星に別れを告げて・・・こんなに楽しい星は、もしかして地球?
というようなヒカルのナレーションが入ってました(←初回だけ)

◆Dreamer
イントロとともに、正面の大きなモニターがゆっくり左右に開いて
天上すれすれの高い位置から、10人が空中ゴンドラに乗って登場。
ゴンドラは、金色に輝く円盤のかたちになっていて
メンバーはそれぞれ、乗り出すように下を向いて乗船しています。
円盤の周りではリボンがふわふわと漂って、スゴークきれい。
途中、客席の上で、右に左に空飛ぶ円盤が大きく傾き
安全ベルトが巻いてあるのはわかていても、落っこちそうな気がして怖い!笑

センステで10人が地上に降り立ちます。
このとき、マントを着ているのですが
このデザインが、白雪姫を迎えに来る王子様が着てる外套のようで
まさしく、宇宙から10人の王子が降臨したといった風情。
キラキラまぶしい、カッコいいー。

と思ったのもつかの間、あっという間にマントを脱いで
金色のパンツもサササッと剥ぎ取られちゃうんですけどね。
下には、白系のスーツを着てた・・・と思う(記憶薄い)

〜シングルメドレー〜
◆真夜中のシャドーボーイ
◆Your Seed
◆Dream Come True
◆Ultra Music Power
それぞれ抜粋のメドレー。
センステで歌いだし〜外周を歩く〜最後はセンステに集合。

◆ありがとう〜世界のどこにいても
再び、円盤に乗り込む10人。
アカペラで♪ありがとうのサビ部分を歌いながら、
ゆっくり上昇してメインステ方向に戻っていく。
このとき、メンバーも客席も一緒になって、あの右手の振りをする。
会場が、ビターッとひとつになった瞬間!!!

〜アンコール〜
◆スノウソング
10人それぞれが、大き目のボールを2個ずつ持って登場。
衣装は、鮮やかなレモンイエローのスーツ。
ゆーやと山ちゃんは、中に着てるベストにフリンジがついてて
遠くにいても見つけやすい(笑)

このボールで、山ちゃんや龍太郎にちょっかいを出すゆーやさん。
一度、メイン通路で山ちゃんとボールを入れた網の持ち手が絡まっちゃって
しばらく立ち往生してましたっけ。

センステの上空からは、雪の結晶の形をした白いひらひらと落ちてきて
そこだけほんとに雪が降っているみたい。

◆FLY
ここは記憶もすっ飛び、メモも取れてない・・・。
なんか、あたし的にうわーって盛り上がってたんでしょう(笑)

この曲だったのかどうか、ちょっと自信ないんですけど
ゆーやが、ここらのどこかでスタンド上手側のBとかC辺りに
ひとりで踏み入っていくんですよ。
まるっきり警備の人とか付かずに、身ひとつなの。
で、客席の中のお立ち台に立ってしばらく歌って
帰りもまた、ひとりで人波をかきわけて(なにしろ座席移動がすごいんで)
階段を降りていくんだけど、
3公演目だったかな、ゆーやの周りに人垣が出来てジャンケン大会になってた(笑)

あの座席移動はぜーったいに許されてはいけないことなんだけども
ただ、ゆーやは嫌な素振りはひとつも見せないで、丁寧にジャンケンしてあげてて
遠くから見てただけでも、ちょっと感動的な場面ではありました。
でも、席は移動しちゃダメーーーーー!!!!

◆Dash!!
ビックリなんだけど、メインステにあったドラムがセンステに移動してきます。
ドラムを叩く裕翔ごと乗っけたまま、Jr.がよいしょこらしょと押して運んでた(驚)

もう、ここらへんはステージのうえもあたしの記憶もごっちゃごちゃなんだけど
最後は、JUMPもJr.も一緒になって
ドラムの周りを楽しそうにくるくるくる・・・超テンションあがるー^^
そのまま、ドラムの周りで「俺たちがHey!Say!JUMP」だったような。

で、最後はメインステに戻って、横一列に並んでご挨拶して、引っ込みます。
メインステに戻る途中、何度も何度も客席に向けてお辞儀をするゆーや。
でも、中に引っ込む順番は、相変わらずいの一番でゆーやが早いですが(笑)


以下は、4公演目のみのダブル&トリプルアンコ。

◆Romeo & Juliet
◆Our future
それぞれの曲で、歌いだし前に
まだ騒ぎたいかー???みたいな問いかけをした後、
「そんな声じゃ、できないな、帰ろ」みたいなじらしを入れてきて
「帰りたくないの?どうなの?」って聞いてくる10人。
このやりとりがけっこう長くて、若干めんどくさいよー(笑)
でも、10人と客席の距離がほんとうにぐぐぐっと近い気がして
こういうのも楽しいー^^

で、2曲ともメンバーの強い要望により(笑)
圭人が曲のタイトルを叫んで、始まってました。


4公演とも、最後の最後に姿が見えなくなるまで
ゆーやは何回「めーっちゃ楽しかった!!!」って言っていたかな。
あたしたちも、負けないくらいにめーっちゃ楽しかったよ!!!!
名古屋、楽しい想い出をありがとうーーーーー(*^_^*)



↓↓↓ポチっとお待ちしています(*^_^*)




Posted by ブルームーン at 15:57 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(1)
title_pict とりまセトリですin名古屋
改めまして、クリスマスの名古屋の夜です。

実は今回のツアー、遠征はやめとこうかな、とか
遠征してもせめて日帰りかな、とか
いろいろくよくよ考えていたのですが
(娘が受験生だからという、一応親っぽい理由で・笑)
結局こうやって初日からホテルでブログ書いてるあたしって
つくづく自重を知らない大人なんだと思うわー。

まあ、あの「ありがとう」のPVでドッキリを仕掛けられて
ヘラヘラと画面に近寄ってくる超絶に可愛いゆーやを見た瞬間に
「あたし、名古屋行く!」って、即決だったよね^^;
そんでもって、ガイシには予想通りのめためたに可愛いゆーやがいてくれて
しつこいようですが、本当に思い切って初日から来てよかったなあと
今つくづく思っているところです。


えっと、今日のゆーやは、可愛いかカッコいいかと言われたら
またまた可愛いが勝ちますかね。
最近、めっきり可愛い寄りのゆーやさん(はあと)
外周を歩くときもぴょんぴょん跳ねるように弾んでて
キラッキラの笑顔を振りまいて、ほーんとに輝いてたんだからー。
久々に(?)大量の妖精の粉を振りまいてるように、あたしには見えた。
(最近、妖精の粉が微量のときもあったからなー・笑)


とりま楽しかった今日を振り返るために
セトリをまとめておきます。
続きから。

続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 00:26 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(1)
title_pict ゆーやレポ@年末ヤング東西歌合戦・27日3部
お待たせしました。
やっとこさっとこ、ゆーやのレポに取りかかれます^^;


あたし、27日3部にゆーやがステージに現れたときには
ホントに心の底からびっくりしちゃって
(来たとしても山ちゃんとちぃだけだと思ってたから)
しばらくのあいだは、なにがなんだか訳がわかんなくって
あわあわオロオロするばっかりだったのね。

で、出てはきたけど、きっと1〜2曲で帰っちゃうのかと思いきや
なんのなんの、次から次からJUMPは出てきてくれて
(前記事のセトリ参照)
見れば見るほど、みんないちいち可愛いじゃないですかっ!!!!!

やがて、ふわふわと優しい笑顔を振りまくゆーやを見ながら
この場に偶然居合わせたのがどんだけ幸運だったかということを
しみじみと実感しまして、思わずカラダが震えてしまうほどでした。
で、絶対にこの記憶を独り占めしちゃいかんな、と(笑)
ここで皆さんにお伝えするべく
できる限りがんばって覚えて帰ってきたつもりです。

が、ごめんなさい、あまりにも突然だったのと
お席もお世辞にもよく見えるというわけでもなくて
(2階のRサイドの真ん中くらいかなー、双眼鏡は必須な場所)
しかもものすごい人数がステージを出たり入ったりめまぐるしくて
ゆーやをロックオンするのが精一杯で、ほかのJUMPメンは追い切れず・・。
ゆーやのことばっかりになっちゃうと思いますが、あしからず(ぺこり)


ではでは、続きから。
高木雄也@「年末ヤング東西歌合戦」レポ(もどき)です。
できれば先に、前記事のセトリに目を通してもらって
全体のイメージを掴んでおいていただければなあ、と思います^^
ちなみにセトリの確認作業は、Rさんに強制的に付き合ってもらいました(笑)
(すぺしゃるさんくす>Rさん!)


続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 03:09 | 高木雄也(コンサート・舞台) | comments(2)


Recent Entries

Categories

Archives

Links

Profile