<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
title_pict ジョーカーを使うとき
昨日の土曜日。
あたしはちょっと、大胆な行動に出てしまいました。

それは、こんな乗り物に乗って



現地ではこんなお食事をして


(だいぶ食べてから写真撮ったんでわかりにくいけど、きしめんなの^^;)

帰りの車中は、こんな打ち上げ



さあ、あたしは一体、どこに行ったでしょう〜?


・・・・って。
まさか、わざわざ新幹線に乗って
きしめんと「びっくりみそかつ」食べに行ったわけじゃなく^^;
そうなんです、名古屋まで、
安井くんの活躍を見るために、山Pソロコンに行ってきちゃいました!!!


ことの起こりは木曜日。
卒業式を終えて、お家でのんびりしているあたしのケータイに
Rさんからの一本の電話・・・。
「ちょっと!大事件!山Pソロにえびじはいないことが判明〜!!!」とのこと。
実はRさんはRさんで、とある事情から
(とある事情って、ま、バレバレだけど^^;)
急きょ週末の山Pコン@名古屋に参戦することになっていたのです。

Rさんは、かなり前から熟慮に熟慮を重ねてて
Pソロのバックにえびじはいないかもしれないけど、
それでも可能性に賭けて行ってみる!と決めた経緯を知っていたので
そして、もうホテルから何から予約してあるから行くしかないのもわかってるんで
あたしも人ごとながらガッカリしちゃって「えええ〜」ってなったんですけど
Rさんの次のひと言で、ガツンと頭を殴られたような衝撃をくらうことに。
「で、代わりに誰が出てると思う???」
・・・・えー。まさかー。うそー。

そしたら予感的中、安井くんが出てるって言うじゃないですかー。
そうか、そうきたか。
いやー、やられたやられた。

実は、10日ほど前だったかな、JUMPコンの締め切り直前に
Rさんと春の行動予定会議(笑)を開いてきたんですけど
そのときに安井くんはどこにどう出るかについて、さんざん考えたはずなのに。
Rさんが「山Pソロに誰がつくか?」と悩みに悩んでいるのを見つつも
まっさかそこに安井くんがはまるなんて、全然思いつかなかったよー(完敗)


でね、最初に「安井くん出てるらしいよ」って聞いたときには
「名古屋、行っちゃう?まっさかねーwww」みたいな感じだったんだけど
ひと晩いろいろ考えてたら、気持ちが揺れてきちゃって・・・。
同じ後悔を繰り返しちゃいけないんじゃないかな、と。


あたし、ゆーやについて、ひとつすごーく後悔してることがあるんです。
それは旧へいせい時代にカツンに帯同した全国ツアーに行かれなかったこと。
当時はまだ息子が小6で受験を控えてたし、とてもじゃないけど地方は無理でした。
その頃はもう、このブログも書いていたので
チケットお譲りしましょうか?とお声をかけて下さる方もあったんですけど
泣く泣くお断りしたような記憶があります。
後悔しても仕方ないんだけど、でも堂々とメインバックをやらせてもらってる姿を
東京ドームじゃなくて、もっと小さな会場で近くで見ておきたかった。

見られなかったものって、後からいくらお金をはらってもどんなに力を尽くしても
もうぜーったいに見られないんですよ、当たり前だけど。
仮にDVDとして残ったとしても、その場で見たのとはやっぱり違うんだよね。
もちろん、好きな子のお仕事を全部追いかけるなんて、無理な話ではあります。
でも、たまに絶対に見逃しちゃいいけないポイントっていうのがあって
あの旧へいせいのカツン帯同は、まさにそれだったんじゃないかなあって思っています。
ほんとすごーい後悔だけど、もうどうしようもない。


あの時もね、今になって思えば1部だけ見て夜帰るとかね、
何かやろうと思えばできたはずなんだよね。
ただ、当時は専業主婦で自分のお金じゃないというつまんない遠慮とか
あたしがいなくても息子はちゃんと塾に出かけるだろうかとか
やっぱりストップをかける気持ちのほうが断然に大きくて
その一歩がどうしても踏み出せませんでした。
あの頃の、そういう自分のこと、すごく愛しいなあとも思うんだけど(笑)
ただやっぱり、後悔がずーーーっと残っているの。

それ思い出したらね、ああ、今なら行けるじゃん!って思ったんですよね。
今なら、好きな子が急に地方に現れても、次の日に駆けつけることができる。
初めてすごく大きな役目を任されてがんばってる姿を、ちゃんと見届けられる。
もちろん、そんなことしょっちゅうはできないけど
でも、トランプでジョーカーを使うとっておきのタイミングがあるように
「これは何としても行かなきゃ!」って時というのが確かにあって
この名古屋は、安井くんに対してのまさしくジョーカーの使いどころかもって
すごく思えたんです。


金曜日、お仕事は遅番のシフトだったんだけど
業務が始まってからもずーっと、行こうかどうしようか・・・って
頭の中がそれでいっぱいになっちゃってて。
そしたらコン終わりのRさんがメールで
「安井、14曲も出たよ!!!すごくよかったよ!!!」って教えてくれて。
やっぱりここでジョーカーきらなくてどうする!!!って思ったら
もういてもたってもいられず、仕事そっちのけでチケット探し始めてた^^;
土曜日はお昼に息子の学校に行かなきゃいけなかったんで
2部しか入れないけど、それでも行こうって。
そしてあたしは、ずいぶんと安井くんのことが好きなんだなあって
自分でもびっくりしました。


さて。
名古屋で見た安井くんは、本当に素晴らしかった。
やっぱり、ここでジョーカー使って間違いなかったー(笑)
Rさんの言ってた通り、20数曲のうち14曲ほどつかせてもらって
そのほかにもJr.コーナーをちゃんとやらせてもらえてて
天下の山P様のバックを、たった4人でしっかりつとめあげてました。
(ちなみに、安井くんと、増田くん・高田くん・アンダーソンの4人ね)
MCにまで参加させてもらっちゃってて、客席で心臓の休まる暇がないほど。
山Pもすごく優しいお兄さんしてて、4人といろいろ絡んでくれて
きっと「安井くん」っていう名前もしっかり覚えてもらえたことでしょう。

今ね、安井くんがこのお仕事させてもらっているのって
やっぱりすごいことだと思うんですよね。
Jr.の立場としては、一世一代のチャンスというか。
それを本人たちもじゅうぶんわかってるようで、顔つきが4人とも違ってました。

これから数日かけて、脳裏に浮かぶ安井くんのことを、
ひとつひとつ大切にしながら言葉に置き換えてみたいと思っています。
あの安井くんのこと、あたしに書けるのかなあ。
あまりに素晴らしすぎて、ちゃんとまとめられる自信がないー。
ここにアップするかどうかはわかりませんが、がんばってみます!!!


ところで、お話はRさんに戻りますが。
Rさんね、金曜に見た安井くんのことしっかりメモまで取ってくれてて
先に知ってたほうが見逃さないからって、名古屋駅地下のきしめん屋さんで
曲順から安井的見どころまでぜーんぶ説明してくれた^^;
やっぱり、予習って大事だわ。
ほんと、あれ聞いてたおかげで、かなり助かったよー(>私信)

Rさんと知り合った頃はお互いにゆーやぞっこんだったけど
最近は二人ともちょっとずつ方向性が違ってきたりしてて(笑)
一緒に並んでコンサートに入る機会が、ちょっとずつ減ってきてたんだよね。
こないだ会ったときも、有楽町のお店で窓の下に行き交う新幹線を見ながら
「今度は、いつ一緒に遠征とかできるかねえ・・・」なんて言ってたんでした。
それが、たった10日で、その新幹線に乗って名古屋で会ってるんだから
ほんとヲタクやってると何が起こるかわかりませんな。
(やっぱり、あの新幹線はあたしたちを誘っていたんだと思う・笑)

たった半日の遠征だったけど、入った公演の内容もほんとに濃かったし
(ほんと、ワンステしかしてないとは思えぬ充実感!)
Rさんと席はバラバラだったけど同じコンサートを体験できて
名古屋から一緒に新幹線に乗り込んで帰ってこれて
なんか、一泊のお泊り旅行に行ったくらいの充実感がありました。


あー、ほんと、行ってよかった。
あのとき「行くぞ!」って決断した、金曜の夜のあたしのとこに飛んでって
思いっきりハグしてあげたい気分です(笑)

安井くん、ありがとう。
Rさんも、ありがとう。
それから、金曜のあたしにもありがとうー。




娘へのお祝いのお言葉をたくさんいただきまして
ありがとうございました!!!!
これから彼女もヒマになるんで、またブログにちょいちょい登場すると思われますが
どうぞ笑って読み流してくださいー。
ちなみに、身長154cmのあたしよりもさらに小さくて、
おしゃれとかにもあんまり興味のない、そこそこな残念女子ですが〜(笑)


Posted by ブルームーン at 19:25 | 安井謙太郎(やまぴーソロコン@2011) | comments(0)


Recent Entries

Categories

Archives

Links

Profile