<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
title_pict Epilogue(追記あり)
今日は、演舞城の千秋楽ですね。
タッキーや、Jr.ほか出演者のみなさん、本当にお疲れさまでした。

私は、家でひとり・・・。
11時の開演時間と同時に、去年のDVDから拾ったオープニング曲をかけて
目をつぶって、舞台をひとつひとつ思い起こしています。
今頃は、四十七士の口上が終わった頃かしら?
そろそろ、白虎隊で最後の自害シーンで叫んでいるかしら?
とびきり色っぽい顔で弁慶と対峙して、花道を駆け抜けてる頃かしら・・・?
この3時間、すっかり気持ちは東銀座に飛んでいます^^

そして・・・今日も、ダメ音頭ではメロメロに可愛い笑顔だったでしょうか^^
ひとつひとつの記憶が、本当に愛おしいです。

もうちょっとで、終演時間。
そろそろ、Epilogueが流れているかもしれません。
雄也くんね、この曲で舞台に飛び出す前、いつも襟や髪に手をやって
ささって直してから出てくるんですよね。
上手のお席から、それが見えるのも楽しみだったなー。
一度、スーツのボタンをかけるのが、間に合わなかった日もあったね(笑)
ちょっと疲れてるのか、笑顔が少ない日もあった・・・。
でも、どんな日も、幕が降りる直前に客席を見つめる目はいつもまっすぐで
深々と頭を下げてる姿に、精一杯の拍手を送りたくなってしまう!
毎回進化している雄也くんに会えるのがうれしくて
この演舞城に通っていたあいだは、毎日心がふわふわして
本当に雲の上を歩いてるような気分でした。

あ、2時になった。
今、この部屋でもEpilogueを流しています。
白いスーツで凛と立ってる雄也くんが、ちゃんと見えます(隣には、お馬さん・笑)

ホントにホントに、今年の演舞城は今日でお終いですね。
私にとって、夢のような公演期間でした。
雄也くんは、Hey!Say!の方の活動と被ってて、
それはそれはキツかったんじゃないかと思います。

でも訪れるたびに、ふわふわの笑顔で迎えてくれて・・・。
雄也くん、心からありがとう。
そして本当に、お疲れさまでした。


【追 記】

千秋楽に入った方が教えてくださったんですけど。
今日は、ダブルカーテンコール(それもすごい!)のあと、
みんなからひと言、っていう風に紹介があったそうです^^

雄也くんは、タッキーの楽屋に行きたかった、みたいなことを言ったんですって^^
そして、相変わらず雄也くんへの拍手が多かったそうです。


>教えてくださったKさま
帰路途中、わざわざありがとうございました!
Kさまも、遠くからいらした甲斐があったみたいで!!(笑)
これをご縁に、これからもまたよろしくお願いします^^

Posted by ブルームーン at 14:09 | 高木雄也(滝沢演舞城2007) | comments(0)
title_pict ひとり千秋楽&これからのこと
昨日は、最後のお城を一瞬たりとも見逃すまい!と
気合を入れて観劇して参りました^^
今朝になってみたら、背中が痛いです(笑)

♪終わりを告げるベルが 僕らに降り注ぐ
 時間よ止まれ、このままで・・・。

これほど、「Epilogue」の歌詞が沁みてきた日はありません。
涙が溢れて余計に舞台がまぶしい・・・そんな「ひとり千秋楽」でした。


当初は、高木雄也に会いたい!っていう気持ちからひたすら通い始めた演舞城でしたが
いつの間にか、それだけではなくなっていて・・・。
回を重ねるごとに、生の舞台のすばらしさにすっかり魅了されていきました。

今、たくさんたくさん、書きたいことはあるんですが・・・。
とにかく、この言葉を伝えなければ。

タッキーも、Jr.のみんなも、もちろん雄也くんも・・・。
本当に、ありがとうございました。
お疲れさま、って言葉は日曜日にとっておきますね^^


そして・・・昨日も、幕が下がりきるその一瞬まで、雄也くんは輝いていました。
純白のスーツで踊る姿、客席に頭を下げる前のキリッとしたまなざし・・・。
この舞台を経験して、きっとまたひと回り大人になったに違いないですよね^^
私は9日間、10公演観劇しましたが、どの時間も貴重な思い出になりました。
そして、それだけの時間を、進化し続ける高木雄也とともに過ごせたことが
なにより一番の、大きな幸せだったと思っています。


また、このブログを読んでくださってる皆さま。
連日の新橋詣でにおつきあいいただいて、ありがとうございました^^
通いすぎてるおバカな私の体調を心配してくださったり(笑)
つたないレポでも共感してくださったり、楽しみにしてくださったり・・・。
ここに、少しでも感想なりを書くことで
この舞台が、何倍も何十倍も愛しい存在になり、いっそう鮮やかな想い出になりました。


さて、今夜はMステですね・・・。

続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 07:49 | 高木雄也(滝沢演舞城2007) | comments(0)
title_pict ひとり観劇&花道を語るの巻
昨日(23日・夜)はね、お城はひとり観劇だったんです。
もういい大人ですからね、ひとり観劇もまた楽し。
だけど、ひとりコンは、絶対に無理だわ。
いい大人すぎますので(笑)
これがお若いお嬢さんだとまるっきり逆で
コンなら平気でも、お芝居なんかだとひとりでは気詰まりなのかもしれないですね。

でも・・・昨日は、ひとりで行ったことをちょっぴり後悔。
あまりにひとりの世界に入り過ぎまして・・・。

書いたと思うんですけど、昨日も花道横のお席だったんです。
で、かなり後ろの方。
行った方は分かると思いますが、客席はゆるい傾斜になっていますので
舞台に近いと花道はとても高い場所に位置しています。
それが、席列が後ろにいくに従って、花道との段差がなくなり・・・。
後方の3〜4列くらいは、自分と同じ高さに花道登場の人が現れることに。

しかも、すぐ横の席ともなれば、本当に視界をさえぎるものがありません。
目の前、すっかすかです!
あんな場面こんな場面、あの人この人、舞台の上から花道から・・・。
とにかく現れるものみな、見 放 題!!!
後列っていったって、新橋演舞場のキャパですもの、見えること見えること。

実は最初、このチケが手元に来たとき・・・げっ!ずいぶん後列じゃんっ!などと
まさかこんな絶景ポイントとは露知らず、恨みがましく思っておりました。
(あろうことか、あやうく人様にお譲りしようかと・・・あな、恐ろしや。)

そう、それくらいに見晴らしのいいお席に、こんなヲタ子を座らせておいて
・・・・崩壊しないはずがありません。

ましてや・・・。


続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 08:46 | 高木雄也(滝沢演舞城2007) | comments(2)
title_pict 昨日のお城、あれこれ。
今日は、ドル誌2冊の発売ですね。
最近は、この大人しか載せてもらえなかった「後半ドル誌」に
たくさん登場させていただいて、うれしいですね^^
(アタシはまだ見てないんですが・・・今買ってきた娘によれば
Hey!Say!7のページ数はすごいことになってる、と。)


それから、数日前にお友達からも教えていただいてたんだけど>ありがと、Sさん!
本日、スペースシャワーTVにて、Hey!Say!7のPVが初OAだそうです。
・・・ウチは、見れないけどね^^;
ご覧になれる方、一足先にじっくり堪能なさってくださいませ。


ええっと・・・そうそう、昨日の演舞城に亀梨くんがいらしてました。
(「亀梨くんがいらしてました」って、なんか他人行儀な・笑)
前はこれでも、カツンファンを名乗っていた身・・・亀ちゃん登場には沸きましたよ〜♪
亀ちゃんね・・・これだけの距離で拝見するのはなんとドリボズ以来でしたが
アタシ的には、ステキにおなりあそばしたかと。

ステージではまず、いつもの弁慶×三郎のむちゃぶりトークのところで
ギリギリでいつも生きていたい、ってフレーズから話が広がって
実物が見たいよなあ?ってことになり・・・。
客席から、亀ちゃんが引っ張り出されてきたの^^

以前の、ちょっと乙女のような可憐な細さではなくって
でも心配されてるような(?)ぷくぷく化というわけでもなく(笑)
とっても「男!」っていう体型をなさってました。
そして左から、殿、風間くん、亀ちゃん、藤ヶ谷くんと並んでみると・・・。
なんとも、亀ちゃんがデカイ(笑)
ガタイもいいし・・・・・身長も。あはははは(汗)どんまい>殿&風ぽん

でもね、亀ちゃんは殿のおカラダを見て、自分にガッカリしたんですって^^
ビリーに入ろうかな、って言ってて大爆笑でした。
(これは、終演間近に客席からの発言)

そして、4人揃って「ギリギリで〜」ってやるんだけど
そのときに、亀ちゃんが
殿は赤西、藤ヶ谷は田口、風ぽんは田中と上田ね、って役を振り当てて・・・。
ちなみに、中丸くんは今日は休みってことで、って(爆)

で、赤西役を当てられた殿が・・・なんかヘンなアクションをしてて。
どうやらそれが、殿の赤西イメージらしい(笑)
で、さらに「赤西は留学してるんじゃないのか?」って大胆なフリまで〜!!!
残りの3人が「いやいや、帰ってる帰ってる」といちいち慌ててフォローしてて
めちゃめちゃ笑ってしまいました。
もう、仁くんったら、その場にいなくてもかっさらっていくヤツなんだから〜(笑)


それから、風間くんのご家族もみえてたそうで
舞台上から、大照れに照れながらの風ぽんごあいさつ。
そのおかげで・・・その後の三郎の名シーンは、いつも以上に涙を誘いました。
風間くん、本当にお上手です!!!


そして・・・。
昨日のアタシ、花道に近いお席だったのですが。


続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 12:29 | 高木雄也(滝沢演舞城2007) | comments(7)
title_pict 【滝沢演舞城2007】雄也的ご報告7/5昼・後編
忙しすぎます・・・。
お願いだから、均等な露出をはかってください汗

昨日は演舞城レポ5日分を完結させる予定だったのに
思わぬPVお披露目で不意打ちをくらってしまって。
またまた、一度見てはため息、もう一度見ては床にゴロゴロ・・・。
18時以降、まったく使い物になりませんでしたたらーっ

そしたら、来週の裸少にまたまた登場するんですって???
すみません、本日はそちらはノーチェックでした困惑
え、それは、こないだ屋良っちが書いてくれたのとは別物なの????
来週の裸少って、その前日は記念すべきMステ初出演でしょ????

きゃああああああ、もう、追いかけきれないー(弱音)

そんなこんなしてるうちに、去年の演舞城のDVD発売で雄也探しもしなきゃだし
お台場の当落やらプレイガイド発売やら待ってるし
8月に入ってすぐに、CD発売だし・・・。
その合間を縫っての演舞城への登城(これ最重要)
さらに合間を縫っての、コドモの保護者会と面談と学校説明会と役員会と・・・。
あ!月末には、息子の日光移動教室があるんだった!(←すっかり忘れてた)
↑そう、雄也くんも行ったという、日光です^^

誰かたすけてー。影武者欲しいー。
あ、影武者には学校関係行ってもらって、アタシはお城に行きますよ、モチロン(笑)

まあしかし、こちらがこんだけ忙しいってことは
雄也くんはもっともっと忙しい思いをして、がんばってるってことよね!!!
今が踏ん張りどきだー。
負けるもんかー(別に、闘ってません)


というわけで、続きに5日のレポ・続編。
実は、本日も行かせていただきますので・・・今日書かないと自分があきらめそうで。
例によって、盛大なネタバレしてます。


続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 04:44 | 高木雄也(滝沢演舞城2007) | comments(8)
title_pict 【滝沢演舞城2007】雄也的ご報告7/5昼・前編
えー、いまだ自分的には演舞城モードが続いております。
つまり、頭ん中、絢爛豪華な絵巻物のような桜吹雪で埋め尽くされていて
その中で一心に歌って踊る美少年たち・・・うー、なんていい眺め。
おそらく7月は、こんな感じで暮らしていくのではないか、と。

それで、いよいよ雄也くんにまつわる記憶を整理しようと
更新画面に向かっているのですが・・・。
む、むずかしいー。

けっこう、詳しいメモも取ってきてあるんですよ。(つなびぃにあげてみた)
でも、このメモ取りっていうのが至難の業で・・・。
大抵のシーンでは、手元も見ないでサクサク書けるんだけど
雄也くんが登場した途端に、テンパっちゃって何にも書けなくなるのよー(涙)

無駄にドキドキして、心臓が口から飛び出しそうになるしさー!!!
だから、口も両手で押さえてなきゃいけないし(笑)
たまにはアップで見たいから、双眼鏡も覗かなきゃ!だし
もちろん随所で盛大な拍手も送らなきゃ!だし
手が忙しくって、膝の上のボールペン落とさないようにするのが大変でした(笑)

以下、すごい勢いでネタバレしてますんでご注意!!!


続きを読む >>
Posted by ブルームーン at 08:09 | 高木雄也(滝沢演舞城2007) | comments(2)


Recent Entries

Categories

Archives

Links

Profile